Canon New F-1

このカメラもアナログ感たっぷりで、追針式のメーターなどLPレコードの様な落ち着きがある。 旧F-1もそうだけど、キヤノン製一眼レフのファインダーには赤い表示が配され、当時としてはとってもオシャレであった。 「ファインダー内に赤く表示する下品なカメラは作らない」と豪語していたニコンさんも、いつの間にか赤いスーパーインポーズになり「積極的にキヤノンの真似をする」と言って頂ける様になった。
さて、このNew F-1ですが、AEファインダーFNを使わなくても絞り優先AEが可能(露出制御値が見えない)だったり、AEファインダーFNとモータードライブを装着すればシャッター優先AEも可能になるとか、摩訶不思議な仕様であった。 個人的にはアイレベルファインダーFN付きのデザインが好みなんだけど、色んな機能を試すには掲載写真の様にAEパワーワインダーFNを組み合わる事になってしまう。
残念なのはAEロック機能が無い事。 当時の頑固なプロ向けカメラとしてはマニュアル露出がメインで、AEはおまけだったのだろう。
...
装着レンズは前世紀の外測式AF付き標準ズームレンズの New FD35-70mm F4 AF。 コレに関わった先輩たちは既に退職されてますが、この変テコなデザインがキヤノンらしく無くて妙に気になる存在でした。 一応完動品でキズ・カビは無いレンズ....だけど、使わないなぁ。
Sponsored Link
Sponsored Link

0 件のコメント :

コメントを投稿

Sponsored Link