Compensation of Blurred photo | ブレ写真の補正処理

EOS 20DaS NewFD 300mm F2.8L ISO:1600 F:2.8 Tv:8min. x 7frames Composite:Blurring Star Rejection
天体写真の撮影をする場合にブレは禁物....天体写真だけじゃないけど。 天体写真のブレは大気の揺らぎ/赤道儀の追尾エラー/強風ブレなどがありますが、この写真は強風ブレ。 なんせ、吹き飛ばされそうな突風が間欠的に吹いてくる。

天体写真では多数の駒をコンポジットしてS/Nを向上させたり、人工衛星の軌跡を補正したりする手法を使いますが、ブレブレ写真ではとうにもなりません。
ところが、ブレ写真(下の写真を参照)を良く見ると、ブレが現れているのは明るい星だけで、暗い星雲などは殆どブレていません。 明るい星は一瞬のブレでもハッキリ写るんですが、長時間露出でやっと写る暗い天体は一瞬のブレは現れ難いんですねぇ。


EOS 20DaS NewFD 300mm F2.8L ISO:1600 F:2.8 Tv:8min. x 7frames Composite:Normal
そこで、S/Nを向上させる必要がある暗い天体はコンポジット合成し、明るい天体・星は複数駒撮影した写真でブレていない駒だけを使って最終合性すると一晩の撮影作業も無駄にはなりません。 天体写真だから出来る合成技っていう所でしょうねぇ。

Sponsored Link
Sponsored Link

0 件のコメント :

コメントを投稿

Sponsored Link