The End of Mechanical Gadget | メカの終焉

 
僕の撮影は多くても1日に1万駒程度なので、撮影した写真は帰宅してからハードディスクに保存しています。 でも、泊りがけでの撮影では一日分の撮影写真をノートパソコンのカードリーダー経由で外付けハードディスクに毎日保存しています。 でも、古いノートパソコンのインターフェースがUSB2.0だったりするので、えらく時間が掛っていた。 なので、ノートパソコンにUSB3.0のインターフェースを増設してカードリーダーもUSB3.1タイプにしたけど、外付けハードディスクへの書き出しがネック。


そこで、外付けハードディスクを熱田さんがお薦めの「SanDisk Extreme500 Portable SSD 1TB」に換えてみた。 結果的に速くなったけど、ノートパソコンを新調しないと真価を発揮できていない感じかなぁ。



ノートパソコン自体が 2009年製 ThinkPad X200 Tablet なので仕方ないけど、世界中を一緒に旅した相棒なので逝っちゃうまで付き合いたい。
こんな古いパソコンでも随分以前にSSDへ換装済みだし、もうパソコン環境はメカニカルな円盤が回る時代は終わったと思う。


それから、カメラもメカニカルなミラーやシャッターが動く時代じゃないよねぇ。 それでも、カメラなら『ガシャ...あぁ、やっぱりメカニカルなカメラはイイなぁ...』なんてノスタルジーに浸れるけど、ハードディスクじゃ『起動しねぇ!』ってのがオチ。
 
Sponsored Link
Sponsored Link

0 件のコメント :

コメントを投稿

Sponsored Link