SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM STF

SONY ILCE-9 FE 50mm F2.8 Macro ISO:12800 F:2.8 Tv:1/15s
シグマさんから新しいレンズ(50mm F1.4 DG HSM | Art)が発売されても、私はこのレンズを使い続けてます。 私にとって DG HSM | Art は高額過ぎるし重過ぎるし大き過ぎるので、EX DG HSM から DG HSM | Art に買い換える必然を感じませんでした。

明るいレンズはボケが大きいので余計な物を始末するのは丁度良いのですが、中途半端なボケ量だったりすると背景が煩くなって困る場合がある。 これはボケのエッジが固いためで、SONYのSTF(Smooth Transfer Focus)レンズみたいにボケのエッジが緩やかに消滅する様になっていれば綺麗なボケ表現が可能になる。 そこで、SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM をSTF化改造する事に決めたんだなぁ。

APDフィルターの特性
STF化したレンズの瞳強度分布
STF化改造が終わったレンズを像面側から覗くと、中央部に対して周辺部ほど透過率が低くなっている事が判る。 このグラデーションがボケに反映され、柔らかく溶ける美しいボケ表現が可能になる。
さて、STF化改造は良い事ばかりじゃない。 そもそもSTFを前提に設計されたレンズではないため、開放測光方式の一眼レフでは絞り開放以外で撮影すると適切な露出が得られなくなってしまう。 絞り込み測光などを行えば良いのだけれど、それは面倒だし絞り値に応じて露出補正を掛けるのはもっと面倒。 ワザワザお金を掛けてSTF化改造したのだから、このレンズは絞り開放で使うボケ専用レンズと考えるべきだな。 或いは、実絞りモードで動作するマウントコンバーターを介してSONYのα9とかで使うなら絞っても適正露出で撮影されますな。
今回は METABONES の Advance Mode で使ってみて、露出が妙になる事は無かったけど METABONES の Advance Mode ではピントを合せるのに苦労する...無理せずマニュアルフォーカスすれば良いのだけどね。

改造前後の絞りによるボケ比較
STF化改造前後のボケの大きさ比較
改造後の夜景玉ボケ写真と改造前に撮影した夜景玉ボケ写真とを比較してみると、ボケの大きさはF2.8くらいに小さくなっていますが、溶け具合が実に滑らか。 また、F1.4からF2.8まではボケ具合が殆ど変らないので、F2.8まで制限する事で周辺光量落ちによるビネッティングの影響(レモン型で溶け難い)を緩和している様だ。 焦点距離が比較的“短焦点”な50mmなので、もうちょっとボケを大きくする味付けの方が良いかも知れない。

コマ収差の改善効果

STF化改造後は カモメが飛んだ り 蛾が飛んだ りしなくなった。
コマ収差などが発生するレンズ外縁付近の透過率を下げているので、収差が減って画面周辺でもシャープに写る。 STF化前だと画面周辺の点光源が「カモメが飛んだ」様な「蛾が飛んだ」様な描写になってしまったけど、STF化後はSTF化前のレンズを2段近く絞った様なシャープさだ。
まあ、APDフィルターで絞っている様な感じなのでトーゼンながら収差は改善しちゃうよなぁ。

実写サンプル

SONY ILCE-9 SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM STF ISO:12800 F:1.4 Tv:1/20s
娘に手伝ってもらい人物と夜景の組み合わせを撮ってみた。 滑らかで綺麗にボケる点光源に魅了されるし、煩くない点光源は主題を邪魔しない。 SONYのSTFレンズは焦点距離が100mmと135mmがあるけど、50mmという短焦点でのSTFはなかなか良いかも知れない。

SONY ILCE-9 SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM STF ISO:5000 F:1.4 Tv:1/500s
植物を撮影してみてもボケが小さな部分も大きな部分も画面隅もガサツになる事なく自然に溶けている感じが新鮮だ。
それにしても『ボケがボケるレンズ』とは、このレンズを上手く表現してる。 そのうち 85mm F1.4 STF なんてのも試してみたい。


SONY ILCE-9 SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM STF ISO:3200 F:1.4 Tv:1/500s
ただし、いい事ばかりじゃない。 夕暮れのお日様を入れた逆光状態にすると派手なゴーストが発生する。 絞り羽根の前にAPDフィルターが入っているので、対角線ゴーストが半端ない。 APDフィルターそのものに優れた反射防止コーティングを施さないと解消されないだろう。
Sponsored Link
Sponsored Link

0 件のコメント :

コメントを投稿

Sponsored Link